奇妙な無人駅で

触れる事がどこか怖くて

僕は、裸電球に鱗粉をまき散らす蛾を、睨み続けていた。彼女は、レットイットビーをくちずさんでいる。無邪気に微笑みながら。世界は、僕たちしか存在しないのに、彼女との距離をつかみ損ねて、呼吸が苦しくなった。

イングリットバーグマン

気のきいた言葉の一つも投げかけられれば、そう思っているんだ。愛は、演じることとによって、弾みがつくなんて思ったりもする。「君の瞳に乾杯」そう、さり気なく。バカバカしいほどオドケテ、オシャレで、気取ってキザに、君の心を奪いたい。あの頃のように。
夢を実現できるようにと願いました。この仕ンサーは大切な存在です。そしてなにより大切なのは若い生徒たちです。13年前、今は亡き父とわたしは教育を通して若い世代が彼らの夢を実現できるようにと願いました。この仕

more

愛する2人の伝言板

  ソウルフルライブ  恋人たちのメソッド

運営者Profile About Aino サイトマップ